土鍋の使い方

「温たなべ」を安全に永くお使いいただくための

注意点やメンテナンスなどについて

お伝えいたします。

 

①ぬくたなべは陶器です。衝撃には弱いため、落としたり、ぶつけたりすると破損の原因になります。

 やさしくお取り扱いください。

 陶器ですので長時間食材を入れっぱなしにしておくと匂いの原因になります。

 洗剤は素早く落として調理後はよく拭いてください。

 長期間保管される場合はよく乾燥させて保管してください。水分を含んでいるとカビが発生する場合がございます。

 上記のように土鍋特有の手間がありますが、より長くご愛用頂くためにご理解ください。

 

②一つ一つ職人の手作業で丁寧に作られていますので、形などにわずかな個体差があります。

 また、同時期に焼成されたものでも、窯の位置などにより釉薬のたれ具合、色などに変化が出る場合があります。

 それも味わい、手作り土鍋の良さと思っていただければ幸いです。

 

③空焚きしても割れない土鍋ですが、なべ底に水分がついたままで加熱すると劣化の原因になります。

 続けて調理する場合など布巾で水気を良くふいてご使用ください。

 

④なべ自体の蓄熱時間が長いので鍋敷きは熱の通りにくいもの、また冷めてもテーブルへの直置きは

 テーブルに傷が付きますのでご注意ください。

 また蓋も同様に蓄熱しますので、直置きまた火傷などには十分ご注意下さい。

よくあるご質問

q温たなべに小さな亀裂が入りましたが使っても大丈夫ですか?

A ぬくたなべは土でできた陶器です。火にかけることにより膨張と収縮を繰り返します。この時、素地と釉薬に収縮率の違いが起き、細かいヒビ、貫入と呼ばれるものが入ります。この貫入が入ることで土鍋が熱せられて膨張したとき割れることがないように力を分散させます。土鍋はより使い勝手の良いものに成長してゆきますので安心してお使いください。

 

補足:なべ底から水がしみだしてくるようなら、一度おかゆ(米1:水5)を炊いて一晩放置してください。水漏れは止まると思います。それでもしみてくるようなら一度ご相談下さい。

Qこの土鍋は最初に目止めをする必要がありますか?

A 目止めとは、使い始めにおかゆなどを炊いて土鍋の隙間に糊を埋めて自然の水漏れを防止することですが、温たなべは高温で焼きしめてあることに加えて撥水加工を施してありますので、目止めの必要はありません。洗ってすぐにお使いいただけます。

Q空焚きができるとはどういうことですか?

A 肉を焼くことや、焼き芋など水分を使わない調理にも長い時間使うことができます。

Q電磁調理機には使えますか?

A 残念ながら、陶器ですからお使いいただけません。尚、ハロゲンヒーターの調理機にはお使いいただけます。

Qオーブンや電子レンジで使えますか?

A オーブンには直接入れてお使いいただけます。電子レンジでのご使用は陶器ですので温まりにくく不向きと思われます。

Q焦がしてしまったら何で落とせばいいですか?

A ご飯や、お料理の焦げは30分~1時間くらい水に浸してから、亀の子たタワシで、焦げ付きがひどい場合は、金属たわしの柔らかいもの(使い込んでいない新しいもの)でこすってください。きれいに取れると思います。

※金属たわしは細かい傷の原因になりますので頻繁にはお使いにならないで下さい。

メンテナンスについて

  1. なべに亀裂が入ったり、ひどい水漏れなどの症状が出ましたら詳しい内容をお電話やメールにてお知らせください。対応させていただきます。
  2. 落としたり、ぶつけたりして破損した場合、土鍋の本体または蓋のみを有料にてお取替えすることができます。その場合は、サイズなどを合わせて作り直します。作り直しの期間は手作りの為、3週間から一ヶ月ほどお時間を頂く場合がございます。こちらもお電話やメールにてお知らせください。対応させていただきます。